大阪西ボーイズ歴史

ボーイズリーグとは?

(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)は、1970年(昭和45年)に大阪で結成され、現在は全国37支部に小学生の部・中学生の部(共に女性可)、併せて600以上のチームが加盟し日本最大の硬式少年野球組織に発展しております。
国際親善にも積極的で毎年行われる世界少年野球選手権大会では実力No1を誇っています。
野球を愛好する少年・少女達に、硬式野球を正しく指導し、個人の体力向上とチームワークを通じて団体生活の一員として社会の精神を養成し、判断力・集中力を高め、勉学と共に野球を楽しみながら少年・少女相互に交換の場を与え、健全育成を図る目的で組織されたスポーツ団体、これが『ボーイズリーグ』です。
全国大会は、毎年春と夏の2回大阪府で行われます。
その他、関東ボーイズリーグ大会、関東大会・東日本選抜大会・報知新聞杯選抜大会・鶴岡杯全国選抜大会等大きな大会が開催されます。
それ以外にも支部単独の大会もあります。
世界大会をはじめ国際選抜大会があり、日高アポロズ球団からも選抜され参加しております。

硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて心身の錬磨とスポーツマンシップを理解させることに努め、規律を重んじる明朗な社会人としての基礎を養成し、次代を担う少年の健全育成を図ることを目的としています。
この目的にそって、次のような事業を行っています。

  1. 少年野球の振興、指導、加盟団体に対する監督
  2. 少年に適した野球の調査、研究、普及
  3. 少年野球に関する全国規模及び地区別の各種国内大会の開催及び後援
  4. 少年野球に関する各種国際大会、国際親善試合及び国際会議の開催ならびにこれらに対する代表等の選考及び派遣
  5. 少年野球の指導者、審判員の養成及び講習会の開催
  6. その他この連盟の目的達成に必要な事業

大阪西の由来

Coming Soon